外資系で転職をする利点


近頃、外資系企業をキャリアの一つの選択肢として選ぶ人も増えてきました。その理由は、人それぞれですが、今回改めて外資系企業への転職を考えている方に、その働く利点をお伝え致します。まず何より優先的に言えることが給与が高い点です。基本的にアップorアウトの企業風土を持つ会社が多いため、仕事に自信のある人/能力のある人は日系企業で働くよりも成果を正当に評価される外資系企業で働くほうが、高い給与を得られる点でメリットがあるといえるでしょう。 また、社風としても風通しが良いのが外資系企業の特徴です。日本の企業のように上司に部下が気軽に意見を言えないような風土ではなく、個人の自主性や主体性を重んじ、年齢・性別に関係なく、結果重視でその人の価値を判断する企業風土を持つ企業が多いため、煩わしい根回しや付き合いが苦手な人は外資系企業が向いています。 その反面、上述した通り、基本的には結果第一主義ですので、結果が出ないと会社に居場所はありません。最悪の場合、即刻解雇されることもありえます。その点、日系企業は年功序列を重んじ、社員の生活を大切にする風土を持つ企業が大半ですから、失敗しても一歩一歩着実に自分を成長させていきたいと感じている方は日系企業で働くことをおすすめします。 外資系企業か日系企業か、自分の働くうえでの価値観を今一度振り返り、自分に合った企業に転職することが転職活動では大切な点と言えるでしょう。