外資系の転職、ココに注意!


日本国内にはいろいろな企業があります。日本の企業、つまり内資はもちろんのこと、日本以外の国、海外の企業も進出しているので、そういったところの日本法人などで仕事をする機会というのもあることでしょう。 外資系の企業というのは、それなりに求人に応募するにあたり、ある程度のスペックを要求されることもあります。外国の人とのコミュニケーションをとる機会も頻繁にあるものなので、英語などの外国語で会話をしなければならないこともあることでしょう。ですから、最低でも英語を理解して話をすることができるような状態にはしておきたいものです。 また、外資系は国内メーカーなどと文化が異なったりするので、戸惑うこともあるでしょう。自由な雰囲気や性別や年齢を問わない状態で仕事をすすめていくこともあります。ですから、そういった面での理解をしておく必要があります。特に国内の企業からの転職の場合では注意したほうがいいでしょう。 外資系は実力主義という面があります。日本では年功序列といったことが普通だった時代が長かったのですが、力があれば若い管理職になれる可能性もあります。逆に、自分よりも若い人間が上司になることもあるのです。ですから、そういった心づもりでいたほうがいいでしょう。 国内の企業にいて、外資系に転職したいとか、興味のあるという人はまず外資の文化になれておくことが必要になるでしょう。グローバル化が進み、ますます海外の国や企業と近づく時代になっているのです。