外資系の転職をする際に気をつけたいこと


外資系の企業の参入が著しい昨今においては、外資系の企業に転職を希望する人も増えてきています。一般的に国内の企業にくらべ給与が高い、社内の福利厚生が良いなどのイメージを外資系企業は持たれています。その為、転職を希望する人も多いのですが、この際に気をつけたいことがあります。 それは、日本企業とは企業風土が大きく異なるという事です。日本企業は古くから年功序列、学歴偏重という文化があります。最近は能力主義という言葉がしきりに言われ、その為に学歴や勤続年数にかかわらず優秀な人材に重要なポストを与える様にしている企業も増えてきていますが、年功序列、学歴偏重の文化はなかなか無くなるものではありません。日本の企業には学歴による派閥が非常に強力で、その派閥による重要ポストの引き継ぎという事も水面下で行われており、結果として学歴偏重が継承されていく傾向があります。 しかし、一般的な外資系に於いてはこのような風潮は余りなく、また海外の個人主義の文化も手伝って、皆自分が出世するために努力をいとわない傾向があります。その為、自分の能力を最大限に生かす方法をそれぞれが常に模索しているため、結果が常に求められる傾向があるのです。 従って、日本の企業で成績優秀で転職したとしても必ずしも同じような結果が挙げられるとは限らないうえに、すぐに結果が出ないと社内ではすぐに評価が落とされ最悪の場合には解雇される場合もあるのです。 また、外資系の多くは組合などの労働者団体が個人の解雇を阻止してくれるということは余りないので、この点もじゅうぶん気をつけたいところです。