外資系から他業種へ転職する方法


現在、グローバル化が進み、日本に暮らしていても外国の会社に勤務するという可能性もあるのです。一般的なイメージとしては、外資系の企業というのは給与が良かったり、若くても管理職になれる場合もあったりする、国内の企業のような年功序列のカラーがほぼないというものでしょう。実際そういったことが魅力で転職したいと考える人は多いものです。 しかし、語学力や専門的な分野での知識や経験がないとなかなか外資の転職は難しいものです。これが他業種を目指すのであればなおさらです。 それでも全くできないというものでもないのです。外資系の他業種に移りたいというときには、そのジャンルの専門的な知識や理解を深めておくことが必要になります。そして、外国人とのコミュニケーションがとれるように、高い英語力があるとなおよいでしょう。 外資系の企業でのジャンルは異なっていても、経営に携わったり、営業やマーケティング、人事や経理などに関しては通用することもあります。例えば、金融や保険関係の企業にいたとしても、製薬や医薬品など異なる業界に移ることができることもあります。 また、簡単なことではないのですが、自分で独学で新たな分野を学び、チャレンジするという方法もあるのです。 このように、外資系での転職というのは、一見華やかな感じがしますが、入社後に年収ダウンになってしまうこともあるので、業界をよく見極めて、自分に合ったところを見つけていくことが大切なのです。